お箸の正しい持ち方

小学生になるまでに!

毎日、お箸で生活する私達にとって、子供の時から正しくお箸が持てることは一生の『宝』になります。
将来お子様が大きくなった時に、きっと感謝されることと思います。

今がチャンスです。
まず正しくお箸を持つのに一番大切なのは、子供にとって理想のお箸を使わせることです。

理想のお箸5ヶ条

  1. 手に合った長さである。
    • 子供の手指は短く機能も十分には発達していません。
      大人と同じお箸を使っても上手に動かせませんので、子供の手指に合ったお箸を使わせることが大切です。
  2. 持ちやすい形である。
    • 箸を持つ部分は平面で凹凸がないこと。
      ややこしい器具がついているのは、お勧めできません。子供が嫌がります。
  3. 重さと太さが手に合っている。
    • 重いものや太いものは扱いにくいので、重さや太さにも注意して選びましょう。
      天然素材もおすすめです。
  4. 箸先がすべらない。
    • 子供の立場に立ったものである。
      親の視点ではなく、子供の立場に立って、手になじむ箸かどうかでお選び下さい。
赤ちゃんコース 基礎概念コース 数感教育コース 小学生コース ジュニア英語コース 中学生英語コース ペン習字コース
無料(2回)体験レッスン受付中 TEL 075-223-2000