たけのこ会 所長のエッセイ

テストを楽しんでいますか

逃げる人にはテストは辛い!
向かう人には、テストは楽しい!!

オリンピックに出場する選手がよく話す言葉に「オリンピックを楽しんで来ます!」というのがあります。メダルを獲得するための大きなプレッシャーの中で本当にオリンピックを楽しむことなどできるのでしょうか?

この言葉には、ただ結果だけにとらわれずに自分の力を全て出し切ることがより大切なのだという意味があります。テストも同じことです。テストは、点数だけが大切なのではありません。テストは君の学力を診断するものです。君が意欲的に学び計画的に学習し、テストに向かっていくその日々の努力こそが、より大切なのです。努力しない人にはただただテストは辛く、努力する人にはテストもまた十分に楽しいのです。

「テストを楽しんで来ます!」なんて言えたら、君は最高にカッコイイ!!

目から鱗の夏期講習

塾の夏休みは夏期講習です。休みなのに勉強するの? ではなく、休みだからこそ普段の何倍も勉強するのです。休みだからこそ思い切り勉強すること、そこにとても大きな驚きや発見そして何より大きな飛躍があるのです。

塾の夏期講習で君はなぜ大きく飛躍できるのか? その秘密は、君の義務ではなく君の意思で通うのが夏期講習だからです。君の夏休みに思い切り勉強するという意思があって初めて夏期講習は成立するものだからです。

嫌々やらされる勉強の何十倍も自分の意思でやる勉強は効果があります。

君はきっとそのことに気付きます。そして勉強の、面白さも楽しさもそこで十分に実感できるはずです。目から鱗の夏期講習で私たちは君を待っています。

塾って何???
君たちには無限の可能性がある
だから塾がある!

君たちには無限の可能性があります。その君たちの可能性のためにより良く学べる環境やその環境の中での学習を通じて、君たちが将来自分が何をすべきかを見つけるためのきっかけ作りの場を与えること、そのことのために塾があると私は考えます。

君たちにとって勉強がすべてではありません。しかし、自分が知らなかったことを一つでも多く知ること、自分が理解できなかったことを一つでも多く理解すること、学び続けることで君たちの視野は大きく広がり、それはやがて自分が何をすべきかを見つける時の選択肢も大きく広げてくれます。

大げさかもしれないけど

君たちが夢みたものを叶えるために塾はある

私はそう思い続けています。

新緑の季節 今、
この時が君の未来を創る

風薫る五月。すべての生き物は生きる力に満ちています。生きていることの素晴らしさ生きる喜び、そんな季節の中で、君の今この時は、輝いていますか?

人生には、必ず苦しみがあり、悲しみがありそしてどうしようもない寂しさがあります。

きっと君も大きな不安や悩みや失望をかかえていることでしょう。それでも君は君の今この時を何より大切にしてください。

君の今、この時の輝きが君の未来の輝きを創るのです!

今日は、何だか元気のない君、さあ! 元気を出して胸を張って五月晴れの空の下で大きく深呼吸してください。

すがすがしい五月の風が君の心の中にも吹き抜けていくはずです。

五月の風と生きることの喜びを君に!

誰でも人に負けることはある。でも・・・
自分に負けてはいけない!

新しい学校、新しいクラス、君たちのこれまでの環境が大きく変化する四月です。君にとっては大きな期待と、大きな不安の季節といえるでしょう。四月に大きな悩みを抱え込んで落ち込む人が残念ながら毎年のようにいます。私もたくさんのこの時期の悩みを聞いてきました。

私に一つだけ言えることは、もし君に嫌いな人や嫌いなものがあっても、その人やそのものを君が変えることはできないということです。大事なのは、どんな人、どんなものに対しても君が君らしくあり続けることです。君が向かい合うのは、君自身です。

君の大きな夢や希望のために君が君自身に負けないことが大切です。君の人生は、君だけが生きられるのです。

長い冬が去り、待ちに待った春です。

笑顔、笑顔でいきましょう!

弥生三月 卒業から始まる!

人生は、人との出会いと別れの繰り返しなのかもしれません。今年も卒業の季節がやって来ました。卒業は大きな喜びでもあり、小さな悲しみでもあります。四月からの新しい環境の中で生活に不安と期待の両方を感じることでしょう。

人は、過去という一本の道を自分の後方に残しながら生きていきます。思い出は大切な宝物です。誰でも自分の過去を全て断ち切って生きることはできません。

それでも、間違いなく私に言えることは、君にとって最も大事なのは、「昨日までの君」ではなく、「今日そして明日からの君」です。君がこれまでどうだったかではなく、君がこれからどうするかです。大切な君の人生が卒業からまた始まります!

君の未来は君の持つ可能性とともに大きな門を開いて待っています。自分の力を信じ、君は門出のこの時に胸を張ってたくましく歩みをすすめて下さい。

卒業おめでとう。旅立ちの時です!

塾は君のサンドバッグ

君はどんな目的で塾へ通っているだろう。
良い学校へ進学するため? 友達と会いたいから? 
成績を上げるため? それとも、何となく?

塾は勉学の場であるから、成績を上げることは大切な目的です。しかし、他にも存在価値はあるのです。進路の悩みや将来への不安、家庭での悩み、友人関係での悩みや何だかわからないけどムシャクシャするイライラなど・・・

塾は小学校低学年から高校まで一番多感な思春期を過ごす君たちをダイレクトに受け止める場所です。だから、勉強のことだけでなく、どんなことでもいいから真正面からぶつかってきてほしい。体当たりしてきたことで心も落ち着けば、自然と成績も良くなるものなのです。

塾の先生は君たちの気持ちを真剣に受け止めるサンドバッグです。

ここは、君たちの「生きる根っこ」を太く育む場所!

君たちの未来は君たちが創る!

2018年、新しい年の始まりです。今年こそはとやる気まんまんの気持ちで新しい年を迎えていることでしょう。

君たちの明るい声や笑顔がこの国の未来を創るのだと私はいつでも思っています。今、君たちに辛いこと苦しいことがあってもそれは今この時代だけのことではなく、君たちのご両親もまた同じように苦しんだり悩んだりして壁を乗り越えてきたのです。

いつの時代の人にも苦しいことや辛いことがたくさんあったのです。それでも人は自分たちの未来を強く信じて生きてきました。

未来を信じて、今日という日を懸命に精一杯生きていくこと、それが君たちのなすべきことです。

無気力で自暴自棄の生活からは君たちの明るい未来はやってきません。君たちの未来はどんな時代でも君たちが創るのです。

2018年、今年を最高の一年にしましょう。

冬に学ぶ
学んで生きていつの日か夢をつかむ

諌山先生の書 能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会- 師走、今年も冬がやって来ました。冬は寒くて辛い季節ですが四季のなかで冬が一番好きだという人もたくさんいます。
冬のきりりとした冷たさが身も心もひきしめてくれると言う人もいます。

春夏秋冬、人生がいつも春のように暖かく穏やかであってくれたらと思う人はもちろんたくさんいるでしょう。一年がすべて自分の好きな季節だけなら確かにとても快適かもしれません。

でも、人には冬しか学べないことがあります。それは耐えて待つことの大切さです。長く辛い冬があっても、その先に春がやって来ることの大きな喜びを私たちは知っています。受験生諸君、もし君たちの受験勉強の日々が辛い冬であっても春は必ず君たちにやって来ます。その日々が長く辛いものであればあるほど春の訪れはより大きな喜びになるでしょう。

君たちの冬の先にある春という大きな喜びのために
 さあ、今日という一日を元気よく始めましょう!

ありがとうと素直に言える人になろう

諌山先生の書 能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会- ありがとうと素直に言える人になろう
11月23日は勤労感謝の日

「ありがとう」の言葉は心の中にしまっておくものではありません。声に出して伝えることが大切なのです。

私たちは日々多くの人に支えられて生きています。君を愛し、君を優しく見守ってくれる多くの人がいることを君は忘れないでください。人の幸福は人と人との間にしかありません。

「ありがとう」と誰かに言われたらもちろん嬉しいけれど、それと同じくらい、誰かに「ありがとう」と言えることも自分の気持ちを優しく幸せにしてくれるものです。

「ありがとう」と笑みを浮かべて素直に言える人になりましょう。「ありがとう」の一言は多くの人にとって何よりも救いになるものです。

11月23日は勤労感謝の日です。心からの感謝の気持ちを込めて私も言います。「ありがとう!」